CASE STUDY
事例 / 製造業
設備予防保全分析 実績
導入目的
設備の故障予防保全
①納品した医療設備の故障予防保全に、過去の運転記録や故障情報を役立てたい。
②故障対応を充実させ迅速なサービス体制の構築に役立てたい。
お客様情報
・事業内容 : 電子機械メーカー(医療用機器事業部)
・売り上げ : 約6,000億円
・従業員数 : 約13,000名
導入期間・工数
導入期間および工数
導入期間: 2 ヶ月
開発工数:2.5 人月
導入効果
導入効果
①データの可視化により、設備故障の起こりやすいタイミング、頻度の多い故障アラートの種類、故障の起こりやすい装置の設置エリアなどについての情報を取得、サービス体制に反映させることにより顧客満足が向上。
②過去データから将来の故障を予測するモデルを構築、故障が起こる前兆を捉えて、実態の故障が起こる前に可能な対応策の立案に活用。