QlikSenseとは︖
世界でセルフサービスBIツールとして大評判を受けているQlikの製品ファミリーのコア製品で、
複数なデータソースを可視化し、利益を生む隠れた洞察を見つけるアプリケーションです。

コア・テクノロジー:連想技術
様々なデータソースの関連性に着目した、連想技術
(連想データモデル)を自動生成。
関連データ及び非関連データを視覚化するため、
階層構造やクエリ型分析ツールでは
見落としがちな気づきを得ることができます。

Qlik Senseの特徴

高い顧客満足度

Qlik Sense は、 BARC の BI 調査 (2016 年版) の中で、
大規模国際ベンダーのピア グループにおいて、
以下を含む 7 分野で最高評価を獲得し、13 分野で上位に選ばれています。
7つの最高評価を受ける分野

ブレインチャイルドのソリューション

「Qlik Sense」は当社の多様なシステム構築経験や、
ビッグデータ分析技術、経営管理のノウハウを付加することによって、
導入にかかるコストや時間を大幅に抑えることが出来ます。
これにより、様々なケースに合わせて、
ユーザーが自由に分析することが可能です。
BI有効活用 3つの視点
一般的にBIシステムの構築と運用には以下の3つの視点でのPDCAが重要とされています。
当社はこれらの各視点でのご支援が可能です。
システムの視点
BI品質と呼ばれるデータの精度
と鮮度をコントロールする要です。
複数のデータソースからタイムリー
に且つ整合の取れたデータを収集し
レポーティングするためには、
それぞれの最新のテクノロジーの
スキルの習得が重要です。

業務の視点
開発を担当するITチームが
ユーザーのニーズを正しく理解
していないと操作性の良くない
画面や欲しい分析結果が得られない
画面を開発する可能性があります。
ユーザーにとって価値の高い必要な
情報と分析手法の提供を続けていく
ために、業務内容とその目的を
正しく理解する事が重要です。

人・組織の視点
BIツールが有効に活用される
ためには、ユーザーのリテラシーを
高め啓蒙活動を推進する組織
(BICC)の編成や、データの精度・
整合性を保つためにデータフローの
上流から統制を働かせる組織
(データスチュアート)を編成する
事が有効です。

Qlik製品導入実績

各業種・業界において世界で36,000社以上の導入実績がございます。

Qlik Sense のバージョン比較

Qlik Sense Desktop
(無料)
Qlik Sense Enterprise
(有料)
データの視覚化
ドラッグ&ドロップ操作
連想技術
複数のデータソースの読み込み
Qlik クラウド(ビューとインタラクト) 5名、250MBのデータ
までの制限
制限なし
Qlik クラウドデータ ストーリーテリング(※1) 5名、250MBのデータ
までの制限
制限なし
Qlik クラウド(モバイルのビューとインタラクト) 5名、1GBのデータ
までの制限
制限なし
マルチデバイスの操作対応
自動保存機能
アプリの複製
セキュリティや認証
データガバナンス
API’s(※2)
サポート
対応する  対応しない
(※1)
データ ストーリーテリングとは、データと洞察に関するストーリーを作成する機能です。
(※2)
APIとは、アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、他のアプリケーションソフトに対し、データまたは、機能の一部を
利用できるよう提供するインターフェースです。

Qlik Sense に関するお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ、ご相談のお客様窓口はこちら
メールでのお問い合わせ、ご相談のお客様はこちら

ご質問または お問い合せ内容
お名前
会社名
電話番号
メールアドレス
HPアドレス
個人情報保護方針
下記「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただける場合は
「入力内容確認」ボタンを押してください。
【1. 法令等の遵守】

株式会社ブレインチャイルド(以下、当社)は、お客様の個人情報を取り扱うにあたり、個人情報の保護に

関する法令、ガイドラインを遵守いたします。

【2. 個人情報の収集】

当社は、必要な範囲で個人情報を収集することがあります。収集する個人情報の範囲は、利用目的

を達成するために必要な限度を超えないものとします。

【3. 個人情報の管理・保護】

当社では、お客様の個人情報への不正アクセス、紛失、破損、改ざんおよび漏洩等を防止するため、

安全な環境下にて厳重に管理いたします。