行指向DB

行指向データベースは項目が列ごとに並んでおり、中身のデータが行ごとに並んでいます。通常のリレーショナルデータベース、例えばMySQLやOracleやDB2やSQL Serverなどは「行指向」のデータベースです。
行指向のデータベースでは、1つ1つの行をひとかたまりのデータとして扱います。一般的な行指向のデータベースは、追加、更新、削除のようなオンライントランザクション処理が得意です。(下図参照)

業務系DB

業務で利用するデータベースです。主に、経理、売上管理、顧客管理、在庫管理などのデータベースが考えられます。

機械学習

既知の分かっているデータから、機械的にアルゴリズムを作成しそれ以外のデータにおいて、モデルを評価する仕組みの事になります。応用分野は幅広く自然言語処理、物体認識、金融工学、バイオ等に応用されています。